Skip to main content

なぜ本テストを利用するのか?

1 無料。この6分間のサディスティックパーソナリティテストは無料で提供され、他人の痛みや不幸に喜びを感じる度合いのスコアの取得が可能です。

2臨床性の重視。この文章によって提供されるフィードバックは、博士号の研究に基づいており、標準化された項目に従って測定されたサディズムな傾向を示す回答者の現下の特徴において明確な臨床像を提供するように設計されています。

3統計的管理。テストの統計分析は、テストスコアの精度と妥当性を最大限に保証する目的で実施されます。

4専門家によるテスト作成。本テストは、心理学と個人差の研究の専門家による意見を取り入れて実地されました。

このテストは以下の言語でも利用可能です:

6分間のサディズムテスト

Rachel Plouffe博士の研究に基づいています。

サディズムは、自己高揚の手段として、他者に対して攻撃的に振る舞ったり、屈辱を与えたりする傾向です。 サディスティックな特性が高い人は、他人をコントロールし、他者に力を行使することに喜びを感じます。 サディズムは現在では人格障害として認識されていませんが、サディズムの人格特性は依然として心理学者によって議論されており、心理療法のテーマとして取り上げられる可能性があります。

手順:以下は、サディスティックな傾向が確認されている人々に共通する人生経験に関連する質問のリストです。 各質問を注意深く閲読し、該当項目の有無を確認してください。

個人のプライバシーは保護されており、すべての結果は匿名です。

質問 1 (20問中)

自分の言うことに従わない者は非難されるべきだ。

続ける

IDRlabsによる6分間のマゾヒズムテスト(IDR-3MPT)は、IDRlabsによって開発されました。 IDR-6MSPTは、サディスティックパーソナリティの評価を作成したRachel Plouffe博士、Don Saklofske博士、. Martin Smith博士の研究に基づいています。 IDR-6MSPTは、精神病理学の分野の特定の研究者または関連研究機関とは関連しておりません。

IDRlabsの6分間のサディズムテストは、Plouffe, R. A., Smith, M. M., & Saklofske, D. H.(2019年)によって発表された、SPに関するサディスティックパーソナリティの基準の評価によって認知されるようになりました。サディスティックパーソナリティの評価の心理測定的調査。 性格と個人差、140、57–60。 Plouffe, R. A., Smith, M. M., & Saklofske, D. H.(2016年)。 サディスティックパーソナリティの判断:予備的な心理測定的証拠の新たな施策。 性格と個人差。

Plouffe博士、Smith博士、およびSaklofske博士の研究はまた、特に公認メンタルヘルス専門家による臨床使用の目的で、サディスティックパーソナリティ測定の一形態として幅広く使用されている心理的手段の診断基準情報の一部を提供しました。 本テストは教育目的のみを目的としています。 IDRlabsおよび本IDRlabs 6分間のサディズムテストは、上記の研究者、組織、または各位関連機関から独立しています。

6分間のサディズムクイズは、サディスティックパーソナリティの臨床概念を判断する目的において、著名であり高評価な目録に基づいています。然しながら、本件を含む無料のオンラインテストやクイズは端緒であり、潜在的な人格障害の正確な診断を提供するものではありません。したがって、このテストは教育目的でのみ使用することを意図としています。確定的な精神疾患の判断は、公認の精神疾患の専門家のみが遂行するものとします。

疾患の兆候を自分でスクリーニングすることができる、本無料オンライン6分間サディズムテストの発行元として、私たちはこのテストを統計的管理と検証にかけることにより、テストに高い信頼性と有効性を与えるよう努めました。然しながら、本件の6分間サディズムテスト等無料提供のオンラインクイズでは、専門的な評価や推奨事項は提供されません。テストは完全に「現状有姿のまま」で提供されます。オンラインテストとクイズの詳細については、利用規約をご参照ください。