Skip to main content

このテストは以下の言語でも利用可能です:

ADHD(注意欠如・多動症)スペクトルテスト

ADHDスペクトルは、注意欠陥/多動性障害の症状を示すさまざまな症状を包含していますが、症状の種類と重症度には大幅な個人差があります。

このテストは、ADHDスペクトルを調査するための過去の取り組みの洞察を組み合わせた、7つの異なる分野にわたるADHDの発生を測定する単一の複合テストを提供します。

あなたはADHDスペクトルにどの程度該当しますか? 以下の質問各自について、同意のレベルを表示してください。

質問 1 (35問中)

締め切りや大事な日のことを忘れがちだ。

同意しない
同意する

続ける

IDRlabs ADHDスペクトルテスト(IDR-ADHDST)は、IDRlabsによって開発されました。 IDR-ADHDSTは、ADHD成人自己報告尺度(ASRS)を作成したLenard Adler博士とその同僚による研究に基づいています。 IDR-ADHDSTは、精神病理学の分野の特定の研究者や関連の研究機関とは関係していません。

IDRlabs ADHDスペクトルテストは下記の文献より情報を取得し構成されています。、Kessler RC、Adler L、Ames M、Demler O、Faraone S、Hiripi E、Howes MJ、Jin R、Secnik K、 Spencer T、Ustun TB、Walters EE、世界保健機関成人ADHD自己報告尺度(ASRS):一般向けの省略形スクリーニング・スケール。Psychol Med 2005年2月;35(2):245-56. doi: 10.1017/s0033291704002892。PMID: 15841682; Adler LA、Spencer T、Faraone SV、Kessler RC、Howes MJ、Biederman J、Secnik K。成人のADHD症状を診断するための成人ADHD自己報告尺度(ASRS)の試験的妥当性。アン・クリン精神医学 2006年7月〜9月;18(3):145-8. doi: 10.1080/10401230600801077。PMID: 16923651; Adler、L.、Faraone、S., Sarocco、P., Atkins、N., Khachatryan、A.(2018年)成人のADHD自己申告スケールの米国基準を確立し、自己申告ADHDの成人の症状負担の特徴付け。 臨床診療の国際ジャーナル。

Adler博士とその同僚による研究はまた、特に資格保有のメンタルヘルス専門家による臨床使用に浸透している心理的手段であるASRSの方式で診断基準のいくつかに情報を提供しています。 このテストは教育目的での使用のみを目的としています。 IDRlabsおよびこのIDRlabs ADHDスペクトルテストは、上記の研究者、組織、またはそれらの関連機関から独立しています。

ADHDスペクトルテストは、ADHDスペクトルおよびその他の精神病性障害の臨床概念を診断するための著名で高評価な書目に基づいています。 ただし、このような無料のオンラインテストやクイズは第一段階の目安であり、潜在的な状態を正確に診断することはできません。 したがって、テストは教育目的でのみ使用することを目的としています。 確定的な精神疾患の診断は、資格保有の精神疾患専門家のみが実地できます。

症状と兆候を自分でスクリーニングできるこの無料のオンラインADHDスペクトルテストの発行元として、統計的管理と検証を行うことにより、テストの高い信頼性と有効性を可能な限り確率するよう努めています。 ただし、このADHDスペクトルテストなどの無料のオンラインクイズでは、専門的な診断や推奨事項は提供されません。 テストは完全に「現状有姿のまま」で提供されます。 オンラインテストとクイズの詳細については、利用規約を参照してください。

なぜ本テストを利用するのか?

1. 無料。 このADHDスペクトラムテストは無料で提供され、注意欠陥、物忘れ、多動性、衝動性、発達遅延、柔軟性の欠如、および情動調整不全に関連するスコアを取得できます。

2. 臨床志向。 このテスト手法によって提供されるフィードバックは、医学博士の研究に基づいており、標準化された項目に従って測定された注意欠陥および多動性障害の兆候を表す回答者の現在の症状の明確な臨床像を提供するように設定されています。

3. 統計的管理。 テストの統計分析は、テストスコアの高い精度と妥当性を保証するために実施されます。

4. 専門家によるテスト作成。このテストは、心理学と個人差の研究による専門家の意見を取り入れて実地されました。