Skip to main content

このテストは以下の言語でも利用可能です:

境界性スペクトラムテスト

境界性パーソナリティ障害の範囲にはさまざまな症状が含まれ、すべてが境界性精神的統合または境界性パーソナリティ障害(BPD)の存在を示しています。 ただし、症状の種類と重症度にはかなりのばらつきがあります。

このテストは、境界性パーソナリティ障害の範囲を診断するための過去のいくつかの取り組みの洞察を組み合わせて、10通りの異なる分野にわたる境界性パーソナリティの発生を測定する単一の複合テストを提供します。

境界性パーソナリティ障害のどの範囲に該当しますか? 次の質問各自について、以下に同意のレベルを示してください。

質問 1 (50問中)

不安になったりストレスを感じたりすると、周りに耳を傾けなくなり、自分の身の回りとのつながりが薄れているように感じる。

同意しない
同意する

続ける

Advertisement

IDRlabs境界性パーソナリティ障害スペクトラム診断テスト(IDR-BPDST)は、IDRlabsによって開発されました。 IDR-BPDSTは、境界線人格障害のためのマクリーン スクリーニング手法(MSI-BPD)を作成したメアリー・ザナリーニ博士と博士の同僚によるチームの研究に基づいています。 IDR-BPDSTは、精神病理学の分野の特定の研究者や関連する研究機関とは関係がありません。

IDRlabs境界性パーソナリティ障害スペクトラムテストは、ザナリーニ、Mary&Vujanovic、A&Parachini、Elizabeth&Villatte、Jennifer&Frankenburg、Frances & Hennen, Johnによって情報を取得し、境界性パーソナリティ障害に関するMSI-BPDの基準によって構成されました。 (2003年)。 BPDのスクリーニング手段:境界性パーソナリティ障害のマクリーン スクリーニング手法(MSI-BPD)。パーソナリティ障害のジャーナル。 17.568~73. 10.1521/pedi.17.6.568.25355。 Keng SL、Lee Y、Drabu S、Hong RY、Chee CYI、Ho CSH、Ho RCM。 2点のシンガポールのサンプルにおける境界性人格障害に対するマクリーン スクリーニング手法の妥当性の構築。 J Pers Disord。 2019年8月; 33(4):450~469。 Epub 2018 Jun 27. PMID: 29949444。Kröger C, Huget F, Roepke S. Diagnostische Effizienz des McLean Screening Instrument für Borderline-Persönlichkeitsstörung in einer Stichprobe, die eine stationäre, störungsspezifische Behandlung in Anspruch nehmen möchte [境界性人格の固有の障害の治療を求める入院患者のサンプルに対するマクリーン スクリーニング手法の診断精度]。精神療法の心身相関医学的心理学(Psychother Psychosom Med Psychol)2011年11月;61(11):481~6. German. doi: 10.1055/s-0031-1291275. Epub 2011年11月11日。 PMID: 22081467。

ザナリーニ博士と博士の同僚によるチームによる研究は、特に資格保有である精神疾患の専門家による臨床使用目的で、公用されている心理的手段であるMSI-BPDの形式において様々な診断基準にも情報を提供しています。 このテストは教育目的のみを目的としています。 IDRlabsおよび現在のIDRlabs境界性パーソナリティ障害スペクトラムテストは、上記の研究者、組織、またはそれらの関連機関から独立しています。

境界性パーソナリティ障害スペクトラムテストは、境界性スペクトラムおよびその他の精神病性障害の臨床概念を診断するための著名で高評価の目録に基づいています。 ただし、本件のような無料のオンラインテストやクイズは最初の一歩であり、潜在的な状態を正確に診断することはできません。 したがって、このテストは教育目的でのみ使用することを目的としています。 確定的な精神疾患の診断は、資格を有する精神疾患の専門家のみが取り行うことができます。

この無料のオンライン境界性パーソナリティ障害スペクトラムテストの発行元として、障害の兆候と症状を自分自身でスクリーニングできるようにするため、本テストを可能な限り信頼性と有効性が高く、統計的管理と検証にかけて総合的にするよう尽力しました。 ただし、現在の境界性パーソナリティ障害スペクトラムテストなどの無料のオンラインクイズでは、専門家による評価や推奨事項は提供されていません。 本テストの結果は「現状有姿のまま」で提供されます。 本テストまたはその他のオンライン心理テストの詳細については、利用規約を参照して下さい。

なぜ本テストを利用するのか?

1. 無料。この境界スペクトルテストは無料で提供され、衝動性、無謀さ、捨てられることへの恐れ、不安定および極端に激しい恋愛関係、自傷行為、情緒不安定、妄想様観念、解離、分割、およびアイデンティティの拡散に関連するスコアを取得できます。

2. 臨床志向。この機器によって提供されるフィードバックは、医学博士および博士号課程の研究に基づいており、境界性パーソナリティ統合および境界性パーソナリティ障害の症状を有する患者の現在の症状の明確な臨床像を標準化された事項に従って提供するように設計されています。

3. 統計的管理。テストの統計分析は、テストスコアの精度と妥当性を最大限に保証するために実施されます。

4. 専門家によるテスト作成。このテストは、心理学と個人差の研究における専門家の意見を取り入れて実地されました。