Skip to main content

このテストは以下の言語でも利用可能です:

自己抑制テスト

世界の文化の多くには、自己を抑制している人々を表す表現があります。 マサチューセッツ大学のスーザン・ウィットボーン博士と同僚のチームは、自己を抑制させる7つの要素を科学的に定量化できると信じています。

あなたは自己を抑制していますか? 次の各供述について、以下に同意のレベルを示してください。

質問 1 (35問中)

質問とは関係のない回答をすると言われたことがある。

同意しない
同意する

続ける

IDRlabs 自己抑制テスト(IDR-HYBT)は、IDRlabsによって開発されました。 IDR-HYBTは、スーザン・ウィットボーン博士と同僚のチームによる、自己の可能性を妨げる要因の構造を研究に基づいています。 IDR-HYBTは、人格心理学、精神病理学、または関連する研究機関の分野の特定の研究者とは関係していません。

IDRlabs 自己抑制テスト(IDR-HYBT)は、次の文献から情報を取得し構成されています。ウィットボーン博士による論文の表現による:M. J., Lengel, G. J., Oltmanns, T. F., & Ozer, D. J.(2021年)。機能における自己関連の問題の診断:個人内問題の評定尺度。 心理学的評価、33(6)、526〜540、および:Stillman, J.(2021年):心理学に従った、あなたの性格が自身の成功を妨げる7つの観点。6月15日、およびウィットボーン博士による、Whitbourne, S.K.(2021年):あなたの性格が落ち込む原因となっているかをテストする7つの方法。 サイコロジー・トゥデイ、6月5日。

上記で引用された文献は、人が自己を抑制する原因となる可能性のある重要な要因を研究したものです。この研究は、ビッグファイブテストと従来のIQテストから抽出された既知の成功の予測因子と比較した場合によっても明らかになっています。このテストは教育目的でのみ提供されています。 IDRlabsおよびこのIDRlabs 自己抑制テストは、上記のすべての研究者、組織、またはそれらの関連機関から独立しています。

自己抑制テストは、成功の妨げになっている人々の特徴に関する、定評があり公表されている研究によって裏付けられています。ただし、このような無料のオンラインテストとクイズは、第一段階の目安と指標であり、あなたの性格特性の正確な診断を提供することはできません。テストは教育目的でのみ使用されます。確定的な性格評価は、資格保有の精神疾患専門家のみが実地できます。

この無料のオンライン自己抑制テストの発行元として、自分の可能性を最大限に発揮できない妨げになる可能性があるという7つの特徴について自分自身を診断できるように、統計的管理と検証を行うことにより、テストを実施することで、テストの信頼性と有効性を可能な限り高めるよう努めています。ただし、ここで提供されている無料のオンラインクイズや自己抑制テストでは、専門的な診断や推奨事項は提供されません。テストは完全に「現状有姿のまま」で提供されます。オンラインテストとクイズの詳細については、利用規約を参照してください。

なぜ本テストを利用するのか?

1. 無料。この自己抑制テストは、登録不要で提供され、ストレスの蓄積、自己批判、注意力の散漫、リスクを伴う行動、完璧主義、ロスト・イン・ファンタジー、やる気の喪失といったカテゴリーに関連するスコアを取得できます。

2. 大学の調査に基づいています。自己抑制テストは、定評のある科学的根拠によって裏付けられています。

3. 統計的管理。テストの統計分析は、テストスコアの最大の精度と妥当性を保証するために実施されます。

4. 専門家によるテスト作成。このテストは、心理学と個人差の研究の専門家の意見を取り入れて作成されました。