Skip to main content

なぜ本テストを利用するのか?

1. 無料 この多次元アンガーテストは無料で提供され、怒りの複雑な感情に関する5つの主要な次元についてのスコアを得ることができます。

2. 様々な国でテスト済み 私たちの多次元アンガーテストで利用されているパラメーターは、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ諸国を含む複数の地域で検証され、成功を収めています。

3. 母集団の平均値を基準として判断 他にもアンガーテストは存在しますが、私たちのテストは、査読を経た性格研究により割り出された母集団の平均値を基準として、回答者の多次元的に見た怒りのスコアを判断する数少ないテストの一つです。

4. 統計的管理 このテストの統計的分析は、テストスコアの精度と妥当性を最大限に引き出すように行われます。

5. 専門家の協力 このテストは、心理学や個人差の研究に専門的に取り組んでいる研究者の協力を得て行われました。

このテストは以下の言語でも利用可能です:

多次元アンガーテスト

怒りの感受性の分析

このテストは、ジュディス M. スィーゲル(Judith M. Siegel)博士の研究に基づき、あなたの怒りの経験を複数の経験的次元に沿ってマッピングします。スィーゲル博士の研究分析によると、このテストは高い妥当性および試験・再試験信頼度という形で良い心理測定特性があります。そのため、このテストは研究目的や臨床現場で頻繁に使用されており、人の怒りだけでなく、身体的な健康やストレス反応にも重要であることが示されています。

以下の各項目について、あなたの同意レベルをお書きください。

質問 1 (38問中)

私を怒らせるのは簡単だ。

同意しない
同意する

続ける

IDR-MAT©は、MAI (Multidimensional Anger Inventory)に相当するものではなく、MAIと混同しないでください。

IDR-MATコピー;はIDR Labs Internationalに所有権があります。MAIはJ.M. Siegel(スィーゲル)に所有権があります。

IDR-MAT/MAIは、怒りの複雑な感情を測定するために広く使われている指標です。尺度の妥当性に関する最近の懸念は、学校、職場、矯正施設などの環境で機能する尺度が新たに開発されたために生じています。元の指標はかなり古いものですが、スィーゲル博士の最初の研究を再現したより最近の査読を経た研究では、性格検査の経験的基礎の構成要素に高いレベルでの妥当性が何度も見つけられています。スィーゲル博士の当初の基準がおしなべて妥当であることを示しています。MAIに関する最新の調査結果は、IDR-MAT/MAIが依然として回答者の怒りの傾向を評価するための有効な手段であることを示唆しています。MAIの因子分析は、このテストが(怒りの反応の頻度と大きさを反映する)「怒りの覚醒」の分析、回答者が怒るきっかけとなるであろう「怒りを誘発する状況」の範囲、ならびに回答者の「敵対的な物の見方」に対する一般的な方向性に関して正確であることを繰り返し明らかにしています。

両方とも多次元的な怒りを測定するよう設計されていますが、IDR-MAT©と、J.M. スィーゲル(Siegel)博士のMAIを混同してはなりません。ただし、どちらも怒りや怒りの感情に結びつく傾向や状態を測定するために専門的に作成された性格検査(またはインベントリー)です。IDR-MAT©はIDR Labs Internationalに所有権があります。MAIは、J.M. スィーゲル(Siegel)博士に所有権があります。このオンライン性格検査の著者は、複数の性格検査の使用について認定されており、専門的に類型学と性格検査に取り組んできました。私たちのオンライン多次元アンガーテストの結果は、"無保証"提供であり、専門家や認定されたアドバイスを提供するものと解釈してはなりません。私たちのオンライン性格検査の詳細については、私たちのサービス規約を参照してください。