Skip to main content

なぜ本テストを利用するのか?

1 無料提供。このオンライン同性愛嫌悪測定テストは無料で提供され、精神病理学および行動評価の機関誌にも記載されている心理的手段によってスコアを取得できます。

2 妥当性と信頼性。実験テストによって、同性愛嫌悪テストの妥当性が示されています。 証拠は科学雑誌において発表されており、構成概念は優れた科学的妥当性が立証されています。

3 専門家による研究に基づいたテスト作成。本テストは、著名な科学雑誌に掲載されている専門家の研究に基づいて作成されています。

4 統計的管理。本テストのスコアは、匿名化されたデータベースに入力されます。 テストの統計分析は、結果の高い有効性と正確性を保証する目的で実行されます。

5 専門家によるテスト開発。この無料のオンラインテストは、多数のテストの実行を認可されており、心理測定を取り扱う人格および心理学の専門家によって作成されました。

このテストは以下の言語でも利用可能です:

同性愛嫌悪判断テスト

心理学者のライト、アダムズ、バーナートの研究に基づき、同性愛嫌悪の診断は3つの要因によって測定します。 このテストは、経験的文献で広く引用されており、同性愛嫌悪の測定に最も有効な手段の1つと判断されています。

あなたはどの程度同性愛嫌悪を感じますか? 次の各記述について、どの程度当てはまるか表示して下さい。

質問 1 (21問中)

同性愛者間の性交は違法行為であるべきだ。

同意しない
同意する

続ける

IDRlabs 同性愛嫌悪診断テストは、IDRlabs International の所有物です。本来の研究は、ジョージア大学と西ミシガン大学との協力により、心理学者の Lester Wright、Henry Adams、Jeffery Bernat によって実施されました。

同性愛嫌悪診断テストは、この心理学的構成概念の測定に広く使用されている手法です。 動向や信念に加えて、行動の攻撃性や回避などの要因を含めることで、本テストをその他類似の手法との識別を図っています。本件のような無料のオンラインテストは、測定されている心理的概念の一部分であり、性格や心理状態を完全に把握したり正確な診断を提供することはできません。

この無料のオンライン同性愛嫌悪診断テストの発行元として、該当者の同性愛嫌悪の度合い、個人的、および潜在的な心理的結果、更に否定的な感情、動向、および不認知の測定を可能にし、統計的管理と検証を行うことにより、テストに高い信頼性と有効性を与えるよう努めました。その他の媒体では、こういった構成概念の全範囲の検討をしていない点で批判の対象となっていますが、本同性愛嫌悪診断テストにおいては、3つの相互関連の測定によって得点を割り出すことができます。DSM テスト, 精神病質テスト, ダークトライアド診断テスト, and ダークコア診断テスト, 等のその他のオンライン心理テストや専門的な手法と同様に 、この無料のオンラインテストは、高い信頼性と有効性を実現する為、統計的管理と検証を実施しています。

この無料のオンラインテストの著者は、数多くの心理テストの実地において広く認知されており、心理測定、類型学および性格テストの分野の専門家です。本テストの使用にあたって、提供された結果の一部はその他のテストやトレーニング資料の結果と互換性がある場合がありますが、このテストを公式の商標テストと混同しない様ご注意ください。 本テストの結果は「現状有姿のまま」で提供されており、いかなる種類の専門的な評価や推奨事項を提供するものと解釈されるべきではありません。 詳細については、利用規約をご参照ください。