Skip to main content

なぜ本テストを利用するのか?

1無料。このオンライン不安障害テストは無料提供され、心理学的研究の案内の基に、不安障害の要素の有無を探り心理的手段のスコアを取得できます。

2妥当性と信頼性。現在のテストにおいて使用されているツールは、不安症状の測定において高い信頼性と有効性を示し、定評のある科学雑誌に発表された証拠によって裏付けられています。

3精神衛生の意識の向上への関連。精神衛生と不安の重要性に関する一般の認識度は上昇しています。この不安障害検査等による検査の実地は、全体意識の向上に貢献しています。

4 統計的管理。本件のテストのユーザー結果は匿名化されたデータベースに記録され、統計分析が実行され、有効性と信頼性の高い結果を伴います。

5専門家によるテスト作成。この無料で提供されている不安テストは、心理テストと性格テスト作成の経験豊富な研究専門家によって開発されました。

このテストは以下の言語でも利用可能です:

不安障害テスト

不安障害は心拍数の増加と過呼吸に加えて、緊張と恐れの感覚を特徴とする精神疾患です。 不安障害はまた、集中力の低下、睡眠障害、および回避行動を伴うことが度々あります。 治療せずに放置すると、健全な生活の遂行の妨げとなる可能性があります。 不安障害は最も一般的な精神疾患の1つであり、年間で成人人口の約18%が不安障害の影響を受けています。

このテストでは、複数の心理的手段を1つにまとめ、全般性不安障害、社交恐怖症、特定恐怖症、成人分離不安障害、パニック障害または広場恐怖症の5つの典型的な不安障害をスクリーニングします。

不安障害の症状はありますか? 次の各記述について、どの程度合意するかを以下に表してください。

質問 1 (34問中)

自分の身近にいる人達が去っていくことを心配することはごく稀です。

同意しない
同意する

続ける

IDRlabs不安障害テスト(IDR-ADT©)はIDRlabs Internationalによって開発されました。 IDR-ADTは、全般性不安障害7(GAD-7)、社会恐怖症の要約(SPIN)、成人分離不安質問項目(ASA-27)、パニックおよび広場恐怖症スケール(PAS)の5つの心理的測定、および特定の恐怖症(成人)の重症度測定に基づいています。 IDR-ADTは、精神病理学の分野の特定の研究者やその関連研究機関とは関連しておりません。

IDRlabs不安障害テストは、全般性不安障害-7(GAD-7; Spitzer, Kroenke, Williams, およびLowe, 2006年)、社会恐怖症の要約(SPIN; Connor、2000年)、成人分離不安質問項目(ASA-27; Manicavasagar, Silove, Wagner, および Drobny, 2003年)、パニックおよび広場恐怖症スケール(PAS; Bandelow、1999年)、および特定の恐怖症の重症度測定、成人版(アメリカ精神医学会、2013年)から情報を取得し構成されています。これらの臨床文章は、資格保有の専門家や研究者による使用を目的としています。 本件のテストは、教育および娯楽目的のみを目的としています。 IDRlabs Internationalおよびこの不安障害テストは、上記の研究者、組織、またはそれらの関連機関から独立しています。

不安障害テストは、心理的構成を評価するための広範にわたる顕著な手段に基づいています。但し本件を含む無料のオンラインテストは、初歩的なテストの概要の紹介の考慮事項の一環であり、個々人の性格や性質、または心理状態の要素を正確に全評価することはできません。 このテストは、スクリーニング目的のみの使用が意図されています。 確定的な精神疾患診断は、医師、精神科医、またはその他の精神疾患の専門家のみが執り行うことができます。

無料のオンライン不安障害テストの発行元として、未認識の状態で放置される傾向がある精神疾患状態の兆候と症状を個人でスクリーニングできるようにするため、本テストを可能な限り信頼性と有効性が高く、統計的管理と検証にかけて総合的にするよう尽力しました。専門家によって開発され、統計的に検証されていますが、この不安障害テスト等の無料のオンラインテストでは、専門家による評価や推奨事項は提供されていません。 本テストの結果は「現状有姿のまま」で提供されます。 本テストまたはその他のオンライン心理テストの詳細については、利用規約を参照して下さい。